Tel: 090-4425-3635 

受付 9時~21時

Activate

東京都世田谷区新町2-2-16
メモリーズ88  401号室

  • YouTube Social  Icon
  • Facebook Black Round

Copyright © Activate All Rights Reserved.

April 27, 2019

Please reload

Recent Posts

食事で筋肉をつけるには?

February 27, 2017

世田谷の田園都市線桜新町 


脊髄損傷向けトレーニング&コアコンディショニング 

 

毎日が健幸で楽しい!をサポートする柳澤真由美です。

 

 

 

京都の宇治にある

 

全国で4位になったことがある人気のパンやさんたま木亭。

 

京都出張の時に頂きました。

 

写真に撮り忘れるくらい美味なパンでした。(笑)

 

クリームが絶品です!

 

 

そして東京に戻ってきたら大好きなクッキー🍪を頂きました。

 

 

ありがとうございます✨

 

 

 

また別の日ですが

 

隣の魚屋さん「鮮魚 平澤」の牡蠣とイワシをお裾分けでいただいちゃいました!

 

酒蒸しにして美味しくいただきました!

 

 

ありがとうございます✨

 

 

 

 

 

 

皆様ありがとうございます!

 

 

ようやく本題です。

 

クライアントさんから

 

食事で筋肉をつけたいと質問を受けました。

 

 

痙性がある場合、筋収縮が勝手に起こるため(不随意)筋肉量はある程度保たれます。

 

痙性がない場合、筋肉量を維持することが大切になります。

 

個人個人の体の状態にもよりますので一概には言えないのですが

 

一般的には、筋肉のもととなる卵・お肉・お魚などのたんぱく質を毎食食べて

 

そのたんぱく質を消化・分解するために必要な栄養素ビタミン・ミネラルを

 

バランスよく食べると良いとされています。

 

 

お肉やお魚などのたんぱく質を消化・吸収するにはアミノ酸に分解する必要があり

 

分解する必要がないたんぱく質もあります。

 

 

それはビワミンというお酢です。

 

ビワミンにはアミノ酸が豊富に含まれているため

 

体に「消化」という負担をかけずにたんぱく質→アミノ酸をとることが出来ます。

 

そんな理由で

 

そのクライアントさんへもビワミンのサンプルをお渡ししました。

 

食事で筋肉を落としたくないという方はご相談くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload