Tel: 090-4425-3635 

受付 9時~21時

Activate

東京都世田谷区新町2-2-16
メモリーズ88  401号室

  • YouTube Social  Icon
  • Facebook Black Round

Copyright © Activate All Rights Reserved.

April 27, 2019

Please reload

Recent Posts

脊椎について 構造と働き

世田谷の田園都市線桜新町 


脊髄損傷向けトレーニング&コアコンディショニング 

 

毎日が健幸で楽しい!をサポートする柳澤真由美です。

 

 

 

今日は背骨・脊柱のお話です。

 

脊柱(背骨)はいくつあるでしょう?

 

首の骨(頸椎) 7個

胸の骨(胸椎) 12個

腰の骨(腰椎) 5個

 

合計24個!

 

その下に

仙骨 1個(5個の仙椎が結合した)

尾骨 1個

があります。

 

腰椎は5個と言われていますが、実際には6個の人や4個の人もいらっしゃいます。

 

 

これ調べてみると、

5個の人が80%、6個の人が15%、4個の人が5%位と言われているそうです!

ちなみに私は5個です。(笑)

 

そしてお母さんのおなかの中にいるときは

体が丸まって背中も丸まっているので

脊柱はCカーブの状態になっています。

 

それが生まれて

 

首が据わって、

うつ伏せ

四つん這い

ハイハイ

と発育するに従い

首・頸椎は前弯して

 

立つようになると

腰・腰椎は前弯していきます。

 

 

頸椎と腰椎は前弯が脊椎と脊椎の間にある

椎間板に負担がかからない様になっているのです。

 

これが脊柱の生理的S字カーブです。

 

この脊椎の働きは

 

・姿勢を支える(姿勢維持機能)

・体を動かす(運動機能)

・神経を守る(神経保護)

 

座った姿勢を維持したり、立ち上がるときに前に倒れないように姿勢を維持(姿勢維持機能)します。

落ちたものを拾う時に背中を丸めたり、フィギュアスケートのイナバウアーのように背中を反らしたりもします。(運動機能)

 

この背骨・脊柱の中を通る脊髄(中枢神経)も保護しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この背骨・脊柱の中を通る脊髄(中枢神経)を保護しています。

 

Please reload